免疫美容サロン(女性専門)  香漣

もう治らない、とあきらめているあなたへ

東洋医学療法で、本来持つ自然治癒力を回復し、
「シミ」「シワ」「くすみ」などの「肌トラブル」
「アトピー肌などのアレルギー症状」から解放されませんか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫美容サロン 香漣は,「アロマセラピー・カッサ・吸引療法・リフレクソロジー」を活かした自然療法サロンです

免疫美容サロン 香漣は,
「アロマセラピー・カッサ・吸引療法・リフレクソロジー」を、
当方医学を活かした, 自然療法サロンです。

本来、人の体は、元の状態に戻そうとする力を持っています。

しかし、多くの方が、体調を崩したり、肌トラブルをかかえていたりと,悩みのない方は少ないと思います。

最近では、腰痛人口2800万人、40代〜60代の4割が悩み,そのなかで8割が原因が解明されていません。

現在,その8割の原因として考えられているのが, 「運動不足」・「不規則な食事」・「ストレス」・「紫外線」・「瘀血」・「リンパの滞り」です。
その原因を,こちらからアプローチすることにより症状の改善をはかっていきます。

カッピー・フェイシャル

「たるみ」・「しわ」・「くすみ」・「しみ」・「ほうれい線」・「口元のしわ」
「二重あご」・「老化肌」
など肌の悩みに効果絶大

1回の施術でこれだけリストアップ。

カッピーフェイシャルでは,肌を軽く吸引する療法のことです。
このカッピーフェイシャルによって,滞った炭酸ガス・汚れたガスを排泄します。
しっかり排泄することにより、きれいな血液が足りなくなった部分を補うために流れてきて血液循環を改善し,細胞に栄養や酸素を運んできます。

その為,肩こり・腰痛なども,

血流が改善
代謝促進
むくみの解消
くすみが消える
リフトアップ などの効果が期待できます。

そしてカッピー・フェイシャルには、他ではマネのできないことがパルシアをつけてから,カッピーをさせていただくことにより,
ランゲルハンス細胞に感作しやすくなり,より効果アップ。
具体的には、次のような効果が出てきます。

肌の活性化
真皮層の水分量アップ
ハリが一段と出る

1週間に1回のペースで、カッピーを1ヵ月半行うと・・・

詳細はこちら

吸引療法

急性の病気には、お薬はとてもよく効果がありますが、
慢性の病気には、なかなか効果のある薬はありませんね。

急性の病気の方は、比較的それ以前は、元気だったこともあり、血液の滞りが少なく、
慢性になるとなるほど、血液の滞りがひどくなり、細胞にきれいな血液が流れにくくなっていきます。

その為、自分で体を治そうとする自然治癒力。
皆さんがお持ちのはずなのですが、慢性になればなるほど、自然治癒力の働きが鈍くなって、本当は自分で自分の体を元の状態に戻せるはずなのに、戻せなくなってしまうのですね。

肩こり・腰痛も、乳酸が蓄積し、筋肉に酸性度がたかまり、痛みを生じます。
これも血液の滞りから、起こるものです。

  連鎖形成 針状体 乳び
正常な赤血球 連鎖形成 針状体 乳び
プラーク レッドクリスタル 血小板凝集
正常な赤血球 プラーク レッドクリスタル 血小板凝集

上の写真は、血液内を顕微鏡で見たものです。
血液循環が滞ると、周辺組織は酸欠・栄養不足となって、炭酸ガス・老廃物が充満してしまいます。
また、血液中にも、さまざまな異物や障害物が見られることもあり、 病気の温床となることがあります。

吸引療法は,当方医学の経路を利用することによって、
炭酸ガス・老廃物・滞った血液自体を引き上げ、 表皮部に誘導し、
異常な血液中のガスを体の外に発散します。

その結果、新鮮な血液が循環し、血行を促進し、体が温まります。

要は、吸引することによって、異常な血液ガスをを皮膚から取りだすことによって、血液の酸性化を治し、病的赤血球(瘀血)を血管排泄作用によって排泄し血液を浄化する方法です。
血液が浄化されることによって、細胞が活性化し、本来持つ自然治癒力が回復して 自分の体を治そうと自分自身が頑張ってくれる。ということです。

吸引療法を行った皮膚は、

体の中に問題がない場合
体の中に問題がない場合
瘀血がたまっている場合
瘀血がたまっている場合
瘀血がたまっている場合
瘀血がたまっている場合

など、いろいろな反応が出てきます。

そして、治療を続けていくと、次第に、一番右のような反応に変わってきて、体の調子が整ってきます。

詳細はこちら

カッサマッサージ

楊貴妃が 「美容と健康」のためにやっていたといわれるカッサマッサージ。
カッサとは、「削る」という意味を持ち、カッサ板を使って、経絡を擦ることから、
カッサマッサージと言われています。

アロママッサージをさせていただいたのち、経絡に合わせて、カッサ板で、擦り、瘀血を排出します。
吸引療法と同じ、瘀血を体から出し、血液の浄化を狙ったもので、

治療前
初回のもの
治療途中
6回目のもの

と、回数を重ねる間に、瘀血の量が減ってきます。
擦った状況は変わらないのですが、体調が不調な場合、瘀血がたくさんたまっているため、擦ったところだけではなく、横からも出てくるため、瘀血の出てくる幅が広くなります。

瘀血の量が減ってくるとともに、だんだん症状が軽くなっていきます。

カッサ後の肩

肩こりがある方のカッサです。肩こりがひどく、首が回らない方も、カッサを行うと
肩の血流が良くなり、首が後ろにまで回るようになります。

カッサは、背部・肩を中心に行いますが、フェイシャル・頭のカッサなどがあります。
特に、頭のカッサは、頭痛・肩こり・目の疲れなど、とても効果絶大。
一度行うと、病みつきになる方が多くいらっしゃいます。

詳細はこちら
inserted by FC2 system